(一社)北海道舗装事業協会のあゆみ

昭和23年 社団法人日本道路建設業協会北海道支部発足
昭和35年 社団法人北海道舗装事業協会の前身、任意団体「黒土会」が発足
昭和43年 任意団体「黒土会」を解散し、「舗交会」を結成
昭和45年 1月5日、社団法人北海道舗装事業協会設立
昭和47年 11月に研修所落成
昭和49年 北海道アスファルト合材協会設立する
昭和53年 研修所を舗装研究所と改称
昭和55年 現事務所に移転する(7月1日)
創立10周年記念で「舗装事業のあゆみ」及び「創立10周年のしおり」を作成、配布
昭和57年 顧問制度設ける
昭和61年 副会長3名以内、理事20名以内、顧問、相談役を設けるなど定款を改定する
昭和62年 道路凍上災採択基準検討委員会発足
平成元年 北海道舗装政治連盟発足する
平成2年 創立20周年のしおり「21世紀への飛躍」発行
平成4年 定款改定(特別顧問委嘱)
巻下会長退任し、中田新会長就任
北海道舗装事業協会暴力団等対策協議会設置
平成9年 「北海道における舗装業界の将来ビジョン」策定
平成10年 舗装研究所、札幌市藤野に新築落成(2月)
定款改定(副会長4名以内、理事25名以内、監事は3名以内とし最低1名は会員外より選任)
平成11年 30周年記念誌発刊
平成14年 中田会長退任し、中山新会長就任
「北海道における舗装業界の将来ビジョン」改訂版発行
定款改定(理事20名以上25名以内、暫定予算の編成規定を追加)
平成20年 定款改定(副会長3名以内、理事12名以上17名以内、監事2名以内)
平成23年 公益法人改革に伴い、平成23年6月1日一般社団法人北海道舗装事業協会としてスタート
平成24年 中山会長退任し、渡辺一郎新会長就任